UFJデビットカードがVISAカードの変わりになる!

私は、過去にクレジットカードの支払いの延滞を続けて、強制解約になり、それ以来クレジットカードの審査に通らなくなったことがあります。後で知ったことですが、クレジットカードやローンの支払いを3ヶ月以上続けたり、強制解約されたり、代位弁済されたり、債務整理をしたしたりすると、金融事故として扱われ、個人信用情報に「異動」の記録が残り、クレジットカードが作れなくなるようです。クレジットカードの審査に通るようになるまでは、金融事故の原因となった借金を完済してからおよそ5年間がかかります。
クレジットカードが作れなくなって、インターネット決済などが利用できなくて不便な思いをしていましたが、三菱東京UFJ銀行のVISAデビットカードの広告を見て、クレジットカードの代わりになるかもしれないと思って申込みをしました。よく、クレカの審査通らない場合はデビットカードやプリペイドカードがお勧めされていますが、実際に利用してみると、たしかにクレカの代わりになりました。
私が三菱東京UFJ銀行のVISAデビットカードを利用した理由は、初年度年会費が無料だったことと、三菱東京UFJ銀行をメインバンクにしていたからです。メインバンクでなくても、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていてクレカの審査通らない場合は、VISAデビットカードはお勧めできます。
また、デビットカードはクレカとプリペイドカードの中間のような存在で、プリペイドカードよりはクレカに近い機能をもっているようです。実際、プリペイドカードが使えないサイトでも、デビットカードなら使えることがありました。クレカの審査通らない場合はプリペイドカードよりもお勧めです。