クレジットカードの審査通らない理由は情報信用機関のCICとJICCにある

クレジットカードの申し込みをすると、申込み者の審査がなされ、それに通過できないとクレジットカードを作ることはできません。すべての人が審査に通過できればいいですが、そういうわけにもいかず、中には審査通らない人も少なくはないのです。
では、なぜ審査通らないのか、その理由は一口には言えませんが、信用機関であるCICとJICCに問題を抱えている可能性があります。
信用機関とは、カードローン、キャッシング、クレジットカードの申し込み・利用をした人の情報が記録されている情報機関です。CICは指定信用情報機関といい、JICC日本信用情報機構といいます。
記録されている具体的な情報には、カードの支払い履歴、作ったカードの作成履歴、キャッシングの残高などがあります。カード会社は審査の際にここの情報を確認し、優良な利用者であるかどうかを確認します。
もしも、支払いが遅れている、複数枚のカードを契約している、キャッシング利用額が多いなどという場合には、これ以上クレジットカードを提供しても正しく使ってもらえる可能性は低いため、審査に落とされる可能性が高くなるでしょう。信用機関の情報は全てのカード会社に提供される情報であり、消費者が誤魔化すことはできません。
よって、審査通らないという場合にはCICおよびJICCの情報をチェックしてみてください。情報機関に依頼すれば情報を開示してもらうことができるので、そこで問題点を確認することができます。